Top | RSS | Admin

スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】   | Top↑






山形紀行 【山寺vol.2】 | 花・自然・風景
山門をくぐると


130524_4.jpg


こんな階段が延々と続きます。



新緑が輝く山寺は初めて。
この日来れて本当にラッキーでした。



130524_5.jpg


一山全部が仏様という
ありがた~いお寺なので

岩の上にはいたる所に仏様。



130524_6.jpg






130524_6_1.jpg


見上げれば空が見えてきましたが

上に見えるのは、仁王門。




まだまだ先は長いでございます。



130524_7.jpg


あそこの更に上を目指して

ひたすらてくてく。





130524_9.jpg



やっと下界が見えてきました。


切り立った岩が
まるで孫悟空の世界です。



130524_20.jpg



子供の頃に来た時は
階段の無い場所があって

岩に繋がってる鎖を掴んで
よじ登った記憶があります。


あれはどの辺りだったんだろう?

今もあるのかな?


その険しさが楽しくて
友達と忍者ごっこしたっけ。




そんなことを思い出しながら
岩の隙間の石段を上ると



130524_9_1.jpg


下界も山も一望できる
五大堂に到着♪



この景色。


汗をかきながら登ってきた甲斐があります。




130524_10.jpg





130524_13.jpg






130524_14.jpg


お休み処でアスパちゃんも寛いで。




そうそう。

観光客を案内していたボランティアの方が

「山寺の岩にはたくさんの穴が掘られてて
この長い階段を登ってくると
煩悩が消えて、仏様の顔に見えてくる」

そう話しているのを小耳に挟み

岩をぐる~っと見渡してみた。



けれど。



煩悩と邪念が渦巻く私には


130524_15.jpg


「ゴリラの鼻の穴にしか見えない~」



そう言って
アスパ姐さんと大笑い。





130524_16.jpg



この日は小学生の遠足も重なって
お年寄りには狭い階段が
とても危なく感じましたが

ご開帳の時期が過ぎたら
きっとまた、もとの静かなお寺に戻るはず。



秋になったら
また訪れてみたいと思います。




【2013/05/30 22:25】   | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。